火力を強める時間を1分早くしたらムラムラの失敗、攪拌羽の問題点と対策について

by 管理者
10月 31日 2012 年

失敗しました。

見て分かるとおり焦げているのやら、白っぽいのやらムラムラです。

焙煎に失敗した珈琲豆

 

いつもは焙煎を開始して10分後から火力を強くして焼きに入りますが、今回は9分後から行ったところ、こんな結果になってしまいました。

※ 火力を変えて2回やりましたが、2回とも同じような結果になりました。

いつもと同じ火力で焙煎すると、回転ドラムの中の温度はいつもより1分早く温度が上がり始め、同時に1ハゼが来る温度に到達する時間も速くなります。

そして、その温度になっても1ハゼが来ないので火力を若干絞って240度以上に温度が上がらないようにして待っていると、やがて1ハゼが来ました。

そこで、ダンパーを開けてフタを外すといつもより沢山の煙がもやもやと立ち登ったため、この時点で失敗を意識しました。

これで分かることは、珈琲豆に十分な熱が蓄えられていない状態で回転ドラムの釜の中の温度だけが先に上がってしまったみたいです。

そこで、焼きに入る火力を若干下げて焙煎しましたが、1回目と同じようにムラムラになってしまったため、この方法はおそらくNG。

ってことは、逆にやれば良いだろうと思っています。

つまりダンパーを閉めたまま加熱する時間を増やせば良いはず。

続いて新しいガスボンベを使ってテストしようとしたら、妻から今夜は鍋をやるからダメだと怒られました。

蒸らしの焙煎ビデオで公開している方法が現在の最善の方法ですが、それより良い方法を見つけるのも楽じゃないです。

続きは別の日に・・・

 

 

攪拌羽の問題点と対策方法

続いて、回転ドラムに取り付ける羽のことで貴重なメールを頂きました。

予め、これら問題点についてお伝えしていましたが、対策方法までご連絡していただき、感謝!感謝!

  • 回転ドラムと羽の間にナット1個分の隙間がありますが、この部分に珈琲豆が挟まることがある。
  • 攪拌するときの珈琲豆の音が大きくて2ハゼの音が聞き取り難い。

この対策として、1.羽に付いているナットを外して回転ドラムとの隙間を小さくする。2.羽を斜めに付けて音を小さくする。とのこと。

 

詳細は以下のとおりです。

指の入らない回転ドラムの中でどうやってナットを外して羽を取り付けることが出来たのか伺ったところ、ナットを外せばボルトが自由に動くので、「・・・磁石のついた伸縮棒を使ってビスを穴に差す事を思いつきました。片方を穴に通し仮止めし、もう片方を斜めにズラしながらピッチの合う穴を探し仮止め。その際、ドラムと羽の間のナットを外してみたのですが、斜めになったせいかナットは無くてもドラムのアールに違和感無く取り付けられました。」とのこと。また回転ドラムの溶接部分を羽が斜めに跨ぐように付けているとのことでした。

それでも「あまり強く締め付けるとドラムに歪みが出来そうで、また、そんなに強くナットを締め付けなくてもダブルナットになり緩まないのでこれで十分だと思っています。す。」とのことなので、そこそこの力で締め付けた方が良さそうです。そしてダブルナットというのもミソですね。

 

*** 2012/11/09 追加 ***

偶然、「磁石のついた伸縮棒」にピッタリの製品を見つけました。

サンワサプライの製品でパソコンの中に落としたネジなどを磁石でくっ付けて拾うための道具のようです。

確認していませんが、おそらくこれじゃないかな。

 

マグネットピッキングツール

 

 

この記事へのトラックバックURL