ブラジル・サンマリノドライの焙煎、カセットコンロの豆知識付き

by 管理者
12月 07日 2012 年

いつも100gだけ焙煎していますが、今回は少しだけ余らしても困るので、中途半端(173g)に残っていたブラジル・サンマリノドライを全て焙煎してしまいました。

 

先にお話しますが、焼きムラがあってちょっと焦げてしまいました。・・・アララ

 

いつもなら開始から約10分で190~200度に達しますが、今回は13分もかかってしまいました。

にもかかわらず100gの時と同じような終了時間だったので、前半の温度が低すぎ(火力弱すぎ)、後半の温度が高すぎ(火力強すぎ)たようです。

 

下の写真のように焦げた豆がちらほらと・・・。

ムラのあるブラジル・サンマリノドライ

 

 

原因は、ガスボンベが冷えていたから!?

 

 

カセットコンロの豆知識

前半、温度が上がらなかったのは、ガスボンベが冷えていた(我が家では夜間の室温が12度くらいまで下がる)からかもしれません。

ガスボンベを振ると分かりますが、缶(ボンベ)の中ではガスは液体になっています。

そして、液化したガスが大気に放出されるときに、気化(液体から気体になる)するのですが、夜の間に冷えたガスボンベをそのまま使うと、温度の低い液化したガスは気化し難いので、当然火力が弱くなります。

そして、気化するときに気化熱を奪ってガスボンベをさらに冷やすのでますます火力が弱くなります。

 

そこでそれを補うために、高機能なカセットコンロは下の写真のようにガスボンベを暖める機能を備えています。

ヒートパネル

 

当然、いつも使っているコンロにもガスボンベを暖めるヒートパネルが装備されています。

※ 赤線で囲んだ部分です。

いつも使用しているコンロ

 

下の写真のように安物のカセットコンロにはヒートパネルは付いていません。

安物のカセットコンロ

 

これを踏まえて推測すると、焙煎を始めたときは、ガスボンベが冷えていて火力が弱かったため温度が上がり難かった。

そこで火力を強くして対応したものの、時間が経つとヒートパネルがガスボンベを暖めて、いつもどおりの火力に戻った。

しかし火力が戻ったことに気づかずに使っているうち、焦げてしまった。・・・ということ!?

前回グアテマラとコロンビア・ピコクリストバルを混ぜて136g焙煎したときと30gも違わないのに温度の上がり方がかなり違うので、上のように推測しています。

 

 

焙煎データ

いつものように焙煎データを掲載しますが、今回はあまり参考にならないかな!?

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 42
2分 62
3分 78
4分 92
5分 102 1.9 温度の上昇スピードが遅いので火力を1.9に上げた。
6分 109
7分 118 2.0 温度の上昇スピードが遅いので火力を2.0に上げた。
8分 131
9分 143
10分 158
11分 167 2.5 ここから焼きの工程
※ 普段10分後だが、11分後に火力を上げた。
12分 ?
13分 195
14分 214
15分 225 225度で火力を1.5に下げた。
15分44秒で1ハゼが来た。
16分 232  0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更。235度で火力0.1に変更したが、最高温度240度まで上昇した。
17分 220 17分30秒で1ハゼ終了
18分 202
19分 198 19分で焙煎終了

 

今回は写真で見たとおりの結果です。

普段の出来に較べると悪かったので、ちょっとがっかり。

この記事へのトラックバックURL