マイブーム到来?スコーンと珈琲のコラボレーション・・・今回は珈琲の焙煎はありません。

by 管理者
12月 19日 2012 年

一ヶ月前に焙煎したエクアドル・グレートマウンテンの味は?

中途半端に残った珈琲豆(生豆)を処分するために最近は多めに焙煎しているので、下の写真のように消費しきれない珈琲豆が貯まる一方です。

いつもなら、また焙煎します・・・ってブログに掲載したいところですが、これを消費しないと珈琲豆を捨てることになってしまうため、今日は新たに焙煎しないで消費だけすることにしました。

※ 珈琲焙煎に関する情報を楽しみにして頂いている方には申し訳有りません。

貯まった珈琲豆

今日はこの中で一番古い11月21日に焙煎したエクアドル・グレートマウンテンを轢いて珈琲にしました。

この珈琲豆は一ヶ月前に焙煎したにもかかわらず、最近200g焙煎したコロンビアSPより美味しい。

豆の値段が全然違うし、コロンビアSPは1年間納戸に保管しておいた古い豆なので、その差なのかな?

エクアドル・グレートマウンテンは一ヶ月前に焙煎したにもかかわらず、コロンビアSPより珈琲豆を轢いているときの匂いが強かったです。

 

 

スコーンの作成

最近は、出来上がる珈琲が楽しみで珈琲を焙煎していますが、今回はその代わりにセルクルリングを100均で購入して、丸形のスコーンを焼きました。

セルクルリング

 

前回は三角形のスコーンを作りましたが、今回は見慣れた丸形のスコーンです。

結果は、ちゃんと腹割れしているし、まあまあの出来です。

レシピには、マーガリンでも良いと書いて有りますが、やっぱりバターの方が風味が良いですね。

最近は下の写真のとおり、珈琲とスコーンの組み合わせに嵌っています。

珈琲とスコーン

スコーンは焼きたて(作りたて)じゃなくても、食べる前に少しトースターで焼くだけで作りたてのような風味が漂い、翌日の朝食とか2日後のおやつにもぴったりです。

この記事へのトラックバックURL