コーヒーロースターに被せるフードの耐久性、今年最後のコーヒーロースト?

by 管理者
12月 27日 2012 年

フードの耐久性

まもなく2012年も終わろうとしていますが、長いものでコーヒーロースターをこの世に送りだろうと動き出してから1年半が経過してしまいました。

このコーヒーロースターで美味しく珈琲をローストするためには保温するためのフードが必要になりますが、ご存知のとおりホームセンターで300円程度で販売している天ぷらガード(レンジパネル)で作っています。

理由は、お金をかけたくないからですが、薄いアルミの箔なので耐久性に難があることはご想像のとおり。

 

そこで、現在使用中のフードをいつ作った物なのか調べたら、今年の1月13日に作った物でした。

あれから約1年使っており、かなりくたびれていますが、決定的に壊れたところが無く、いまだ健在です。

特に傷みの酷いところは、回転ドラムの開口部分と軸の部分の穴です。

この穴が破れて使用に耐えられなくなったときが、フードの寿命なんでしょうね。

使い方によるでしょうが、1年は大丈夫ことが確認されました。

あと、どのくらい使えるのか分からないですが、まずまずの耐久性です。

開口部分

 

軸の部分

 

全体

 

 

今年最後?タンザニア  オルディアニのロースト

タンザニアに始まってタンザニアに終わったような1年でしたが、それほどきれいに焼けなくて悩んだ珈琲豆でした。

結局、ショップに問い合わせてこの珈琲豆の特徴が原因だった訳ですが、いまだ1kg以上残っています。

タンザニア 生豆

 

 

少し焼きムラがありますが、甘みが強くて味はなかなか美味しい珈琲豆です。

ローストしたタンザニア

 

今回もコーヒーロースターを準備している間に30度くらいのぬるいお湯にカセットボンベ漬けておき、予め温めてからローストを始めました。

理由は、温度が低いとガスが気化し難く、火力が弱くなるからです。

ボンベを暖める

 

 

タンザニア オルディアニ100g のローストデータです。

今回は、室温も低く器具を冷えていて、温度が上がり難かったため、100gの珈琲豆であれば10分後に火力を強くして焼きに入りますが、11分後に火力を強くしました。

結果は、上の写真をご覧下さい。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 29
2分 61
3分 83
4分 102
5分 118
6分 130
7分 145
8分 155
9分 165
10分 175
11分 186 2.4 ここから焼きの工程
※ 普段は10分で火力をアップするが、温度の上がりが悪かったので11分から火力アップした。
12分 206
13分 225 1.2 225度で火力を1.2に下げた。
14分 231 0.1 14分37秒で1ハゼが来た。
235度で火力0.1に変更した。
15分 236 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
16分 218
17分 210
18分 200 18分でロースト終了

 

 

この記事へのトラックバックURL