コロンビア クレオパトラ SP、焙煎方法を少し変えてみました。

by 管理者
1月 28日 2013 年

今日は少し焙煎の方法を変えてみました。

いつもは焙煎開始から10分経過したときに火力を強くして焼きの工程に入りますが、2分遅くして12分で焼きの工程に入るようにしてみました。

すると12分後の温度は216度。

そこで火力を強くしましたが、しばらくすると225度に達したため、逆に火力を下げました。

そのため、強火力でほとんど焼いていません。

結果はこのとおりです。

コロンビア クレオパトラSP

 

 

結果ですが・・・

焙煎直後に試飲した結果は、いつもよりすっきりして刺激が少ないような感じです。

良く言えば飲みやすく、悪く言えば個性が弱くなった!?

 

今回焙煎したコロンビア クレオパトラSPはこれで2回目の焙煎なので、あと何回か焙煎してみないと、はっきりした事を言えないですが、この焙煎方法でも悪くないと思っています。

ここまで来たら好き嫌いのような気がしますが・・・

 

面白いことに、火力を変えても1ハゼが始まる時刻は大きくずれないですね。・・・100gの場合ですが、いつも焙煎開始から13分~14分で始まります。

 

コロンビア クレオパトラSP 100g 2013年1月28日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 49
2分 68
3分 91
4分 110
5分 128
6分 147
7分 158
8分 171
9分 183
10分 194
11分 207
12分 216 2.4→1.2 ここから焼きの工程に入るが、すぐに225度になったため火力を1.2に下げることに。
13分 229 13分48秒で1ハゼが来た。
14分 233 1.2→0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
火力を1.2→0.1に下げた。
15分 214 15分26秒で1ハゼ終了
16分 199
17分 195 17分で焙煎終了

 

この記事へのトラックバックURL