メインメニュー


珈琲焙煎機メニュー

開発〜機能と特徴

珈琲焙煎機の使い方

珈琲焙煎のデータ

アフターサポート


珈琲焙煎の動画


珈琲焙煎機の使用方法

珈琲焙煎機にレンジパネルで作成たフードを被せて使用する方法です。
フード無しに比べると美味しく珈琲を焙煎できます。

利点:保温効果のあるフードを使用するため、火力が安定しエグ味が出難くい。
    ダンパー操作が無いため、珈琲焙煎の操作簡単。
欠点:ダンパー機能が無いため煙の排気出来ず、チャフの匂いが珈琲豆に付き易い。
    フードを作成する必要がある。・・・ちょっと面倒くさい。

珈琲焙煎機の準備

必要になる器具

温度管理するため、250度くらいまで計測できる温度計が必要になります。

おおよそ44,000円くらいから(焙煎機+温度計)で始められます。

コーヒーロースター 珈琲焙煎機
コンロ

コンロ
普通のカセットコンロでも使用できますが、「炉ばた大将 炙屋」(CB-RBT-A)のご使用をお勧めします。
理由は、このページの一番下にをご覧ください。


コンロ 上段

「炉ばた大将 炙屋」(CB-RBT-A)
購入価格:4280円

※ フード作成で使った天ぷらガードの余りを使って、「炉ばた大将 炙屋」(CB-RBT-A)の金網に撒きつけ、モーターを固定するフレームへの輻射熱を遮断します。



コンロ 下段

ご家庭にある普通のカセットコンロ
参考価格:1000円
フード フード

購入価格:298円の天ぷらガードから自作

※ フードの取り付けにスパナやラジオペンチ等の工具が必要になります。
温度計と針金 温度計と針金

コンロに「炉ばた大将 炙屋」を使うときは無くても可能です。しかし普通のコンロを使う時は火力調整が非常にシビアなため温度計が必要です。

購入価格:温度計が2000円、針金が105円

※1 針金は温度計の熱電対をコンロに固定したり、フードの強度アップに使います。
  いろいろな材質の針金がありますが、アルミの針金が柔らかくて使いやすいと思います。

※2 「焙煎作業」の説明で、手に持って使うタイプの温度計を使用していますが、この写真のような温度計の方が針金で固定できるため、使いやすいと思います。
トレー、ミトン、うちわ、スプーン トレー、ミトン、うちわ、スプーン

購入価格:ミトンは100円、それ以外不明
投入容器の完成 珈琲豆の投入容器

購入価格:ジュースの空きペットボトルから作成したので無料

※ 無くても良いが、有ったほうが便利
珈琲豆 珈琲豆


投入容器
投入容器の作成方法を説明します。

1.ジュースのペットボトルをハサミやノコギリで加工して珈琲豆の投入容器を作成します。
写真のペットボトルは350mlのジュースの空きボトルです。
ペットボトル


2.ペットボトルのキャップ部分をノコギリや大きめなハサミで切りおとり、図のようにハサミで加工します。
ペットボトルの加工


3.このような形にします。
投入容器の完成
※ 投入容器は無くてもかまいませんが、有った方が便利です。


フード作成

「フードの作成方法・・・ダンパー機能なし」をご覧ください。


珈琲焙煎機の使用方法

焙煎作業

1.珈琲焙煎機を準備します。
コーヒーロースターの準備


2.回転ドラムの中に珈琲豆を投入します。
珈琲豆の投入


3.珈琲焙煎機のスイッチをいれ、回転ドラムを回転させます。
baisen10


4.コンロに点火し、火力を調整します。
  つまみに針金を巻き付けて針の代わりとします。
  ※ カセットコンロにガス圧計が付けられないため繊細な火力調整をするための対策ですが、この方法でも結構使えます。
  実際の火力コントロールは、赤テープの矢印の位置を0(基点)として1目盛りを1/10で数値化して管理しています。
※1 回転ドラムとそれを支える支柱の間で擦れる音が煩いときは爪楊枝にサラダ油を付けて塗布すると静かになります。
※2 2016年2月にリリースしたベアリング付き支柱を使った焙煎機は、大きな摩擦音が発生しないためサラダ油を塗布する必要がなく、掃除の手間が省くことができます。
baisen11


5.回転ドラムのコーヒー豆の投入口からスプーンで珈琲豆の焙煎具合の確認ができます。
baisen155


6.しばらくすると1ハゼが始まります。1ハゼが激しいときは火力を絞ります。
  1ハゼが終わってからしばらくすると、2ハゼ(1ハゼより小さな乾いた音)が始まります。
  焙煎時間は珈琲豆の量や気温、湿度などの条件に左右されますが、ハイロースト〜フルシティまでおおよそ15分〜20分くらいかかります。

  
※ 止めるタイミングは好みの問題になります。
つまみ位置


7.即座にスイッチを切って回転ドラムを停止します。
baisen19


8.珈琲焙煎機からトレーに珈琲豆を移し、うちわでひたすら扇ぎます。
※ うちわで扇いでしっかり珈琲豆の温度を下げないと、焙煎がどんどん進んでいってしまいます。これが一番の重労働だったりして!?

baisen20


しかし、現在は下の写真手前の冷却機(購入金額約 2,000円)を使って珈琲豆を冷却しています。うちわで扇ぐのに比べると全然楽。
冷却機0


9.冷ました後の珈琲豆です。
冷却後の焙煎豆


10.トレーの中にもチャフが溜まっています。
baisen22


11.トレーを外して洗います。
baisen23


12.珈琲豆の温度が完全に下がったらビンに入れて保管します。
baisen24


焙煎作業

コンロに「炉ばた大将 炙屋」を使用してフードを装着して珈琲を焙煎しているところを撮影しました。ご覧になるときは左下の再生ボタンを押してください。
※ 試作段階での焙煎機なので、製品版と若干仕様が違います。
※ ビデオが見れないときは、Adbe Flash Playerをインストールしてください。
   adbe flash player ダウンロードはこちら


普通のコンロにフードを装着して珈琲を焙煎しているところを撮影しました。ご覧になるときは左下の再生ボタンを押してください。

※ フードを付けると保温性が良くなるので火力調整がシビアになります。またゴトクの隙間からから冷気が侵入するため、温度が不安定になり、コンロに「炉ばた大将 炙屋」を使用するより難しい珈琲焙煎になります。


製品版の珈琲焙煎機では、この動画で使用している試作品の珈琲焙煎機より足の調整幅を広くしています。
動画では製品版の珈琲焙煎機の足の高さをこの写真のように下から2番目に固定した高さに相当します。

RIMG3850




失敗
普通のコンロ
で焙煎しましたが、火力が強すぎて失敗した例です。ご覧になるときは左下の再生ボタンを押してください。
ビデオを見ると分りますが、火力調整つまみの位置が非常にシビアなので、ちょっとずれただけで回転ドラム内の温度が300度を超えてしまいました。

下の写真の「適正位置」は、2つ上のビデオで珈琲焙煎したときの火力調整つまみの位置で回転ドラム内の温度は約200度まで上がりました。
それに対して「今回の位置」というのはこの失敗したビデオで回転ドラム内の温度は約300度まで上がりました。
普通のカセットコンロにフードを付けた場合、火力調整がシビアです。
私がお勧めしているコンロ「炉ばた大将 炙屋」は温度が安定しているので普通のコンロより火力の調整がやり易いです。
普通のコンロで珈琲焙煎できないことは無いですが、「炉ばた大将 炙屋」を使用した方が失敗が少なくなると思います。

調整つまみの位置